アスレティックトレーナーの仕事

アスレティックトレーナーの仕事

トレーナーは何をする人

トレーナーという職業は、最近では一般の方でも知られるようになってきました。
しかし、トレーナーという肩書きの中にも実はいろんなタイプ(性格ではなく専門内容が全く違う)のトレーナーに分かれています。
呼称はそれぞれ。
パーソナルトレーナー、アスレティックトレーナー、メディカルトレーナー、
フィジカルトレーナー、ストレングストレーナーなど厳密にはいろいろあり、業務内容も全然違っています。
といいつつも正確には日本での呼称というのは正しいのかもしれません(詳しくはまたの機会に書きます)

アスレティックトレーナー


私は『アスレティックトレーナー』という立場でスポーツ現場で活動してきています。

仕事の内容を簡単に説明すると、スポーツ現場で起きるスポーツ傷害や病気を予防するための選手の健康管理をする専門家。受傷した際の傷害の評価や応急処置から治療。競技復帰の判断から復帰する場合のリスク管理も含みます(テーピングや動きの確認など)また、安全に競技復帰するためのリハビリテーションも業務のひとつとなります。当然のことながら怪我関連だけでなく熱中症や脱水症状対策もしなくてはいけないので水分補給のサポートも重要な役割となります。
そういう意味では、運動に関わる幅広い傷害に対して「リスクマネジメント(リスク管理)」を行うスペシャリストとなります。

私の場合は、これに治療系の国家資格(鍼灸あん摩マッサージ指圧師)を持っているので治療行為も行っています。
これは、日本特有の活動スタイル。

治療資格さえもっていればスポーツ現場で通用するか?

正直にいうと、スポーツ現場では通用はしません。
但し、治療だけを求められている場合は、ありですがそれは治療だけを求めらていてトレーナー的な役割は求められていません。なぜかというと、治療の専門家は治療院に来た患者に対して行うことが主の業務となるので合宿先でのケアだけを依頼される場合にはある話ではあります。

スポーツ現場で活動する場合、今起きた怪我をその場で評価し、その後の練習や試合に復帰できるかどうかの判断を求められます。これがアスレティックトレーナーの役割のひとつでもあり。この判断ができなくては意味がありません。

例えば、痛みを訴えた選手がたとえその日は復帰できなくても最短の期間で復帰するにはどうしたらいいか。

どのようなプラン
医療機関にいく必要があるかどうか?
応急処置はどうする?
痛みを最小限にするにはどんなことをするか
などのプランを即座に判断して対応しなくてはいけません。

当然、競技特性や怪我を理解していなくは、この判断は直ぐにはできません。

そして、何よりも大事なことは、コミュニケーション。
選手自身とだけでなく、コーチ、スタッフとの連携。

怪我をした場合には、家族との間を取り持つこともしなくてはいけません。

その中で最も私が重点を置いていることがあります。

それは

どうして復帰できるのか!
どうしても復帰させれないのか!

この理由を明確にして伝えるようにしています。

これは、簡単に怪我したからダメではなく、アイシングなどを行って様子を見てから最終判断を下す場合もあります。
骨折の疑いやひどい靭帯損傷などの場合には試合欠場だけでなく次の処置のための判断(行動:医師との連携)をしていくこともしなくてはいけません。

そして、選手から痛みを訴えられればその痛みをコントロールしてあげることもしなくてはいけません。

仮に、今目の前で起きた怪我(アクシデント)であれば、傷めた状態も解りやすいですが、そうではないような慢性的な痛みにも対応しなくてはいけません。そうなるといろんな怪我(病気)についての知識も必要になります。

しかも、練習前のちょっとした時間や試合前のわずかな時間でいろんな業務の中で対応することもよくあるので、自分の業務の優先順位を決めながら判断することをしなくてはいけません。

チームに複数のトレーナーが在籍していれば手分けして対応していけばいいのですが全てのトレーナーが同じ能力とは限りません。必要に応じて適材適所で対応していくマネージメント能力も必要です。

例えばアメフトの試合の場合

試合開始3時間前から活動がスタートします。
怪我予防のテーピングから始まり
過去に怪我をしたことがある選手には再発予防のテーピング
痛みがある選手には痛みをコントロールするための治療+テーピング

目的は選手それぞれ違います。
そして部位も違う場合もあれば複数箇所対応することもあります。
両足首+膝
手首
両膝
肘、指など
短時間で的確にテーピングを巻く必要がありますが、このテーピングをしっかりフィットさせるのは技術です。

そして、痛み抱えている選手には、治療も施します。
腰痛、肩痛、首痛、足首痛など症状もそれぞれ。
多人数のチームでも最終的には個別対応となりますので練習の時からしっかりコミュニケーションをとっておかないと瞬時に判断して対応することはできないので、日頃の活動から積み重ねていくことが大事になります。
こんな世界でかれこれ30年やっています。

TKC BODY DESIGN
東京都目黒区平町2−16−21−B1
03−5726−8437
info@tkc-bodydesign.com
https://www.tkc-bodydesign.com

コラムに関連する記事

慢性的な痛み(腰痛、首痛、肩痛、膝痛など

慢性的な痛み(腰痛、首痛、肩痛、膝痛など

正しく動くなんらかの症状をお持ちの方は、必ずと言っていいほどカラダは歪んでいたり捻れています。
しかも、その歪みの認識(身体感覚)は、ほとんどご本人にはないことがほとんどです。

多くの症状は、この歪みやねじれをとることで軽減していきます。
捻れが先か!痛みが先か?
これは、鶏が先か!卵が先か...
慢性的な痛み(腰痛、首痛、肩痛、膝痛などの画像

正しい筋肉の位置

正しい筋肉の位置

筋肉は、柔軟性のあるもの使いすぎ(疲労含む)によって、柔軟性がなくなってしまうことがあります。
(短縮、硬くなる、凝る、筋肉の張りが強くなる)
アスリートのサポートをメイン(オリンピック選手レベル)に活動し始めたころは、筋肉の張りと関節の動きを意識して触っていましたが、最近では、骨(関節...
正しい筋肉の位置の画像

長距離を走ると膝が痛い。

長距離を走ると膝が痛い。

ランナーで膝が痛い!?直ぐに思い浮かぶのは、お皿(膝蓋骨)周囲の違和感や痛み。

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)
鵞足炎
膝蓋靭帯炎
棚障害
など

いろんな部位で痛みや違和感を発することがあります。

今回は、学生(長距離選手)のお悩み
もともと高校生の頃から脛(シンスプリント)が痛くなったりアキレス腱炎...
長距離を走ると膝が痛い。の画像